知ってる?公務員の保育士というのがあること

公務員の保育士って?

一般的な保育士というのは、保育士免許を取得した人のことを言いますよね。保育士免許を手に入れるためには、大学や専門学校などを卒業して資格を得るか、保育士試験を受験して、合格をすることによって取得するかの二つの方法があります。もちろん、これも立派な保育士ですが、こういった保育士は公立の保育園や効率の児童福祉施設などで働くことはできません。公立の保育園で働くことのできる保育士のことを、公務員の保育士と言うのです。

公務員の保育士になるためには

公務員の保育士になるためには、保育士免許を持っているもちろんのこと、それだけでなく公務員試験にも合格する必要があります。保育士の公務員試験というのは、各自治体が主催しており、毎年6月から9月頃まで開催されています。各自治体によって受験資格など違いがありますが、自治体に問い合わせれば確認することができます。試験では、一般教養から専門知識、またピアノや集団行動観察などの実技試験、さらには面接もあります。

公務員の保育士の特徴について

公務員の保育士は、民間の保育士と比べて待遇や給与面で大きな開きがあるのが実情です。公務員の保育士は、公務員としての正規雇用として雇われるので、給与は地方公務員と同じくらいのレベルになりますし、しかも毎年の昇給によって長く務めるほどに給与が増えていきます。また、公立の保育園はあまり延長保育を行わない場合がほとんどなので、勤務時間などの待遇も民間の保育士に比べて利点が多いというところがあり、往々にして働きやすい環境が用意されていると言えます。

保育園の求人は、途切れることはありません。その理由の1つは離職率が多いからです。所得が少なく、保護者との関係も上手くしないといけないからです。