実際に経験したバイトの医師との遭遇!なるほどーって思いました。

研修半分、ホントのバイト半分

ドラマなどでも若い医師が他院にバイトに行くような話を聞いたことがあります。そして実際に私もかかりつけの皮膚科の医師から「バイトするるとお金にもなるしね」と言う話を聞いたことがあります。確かに・・・実は大学病院などの大きな病院では、ローテーションで医師がシフトを組みますが、若いとヒマか忙しいか・・・。ヒマな場合、つまり次のシフトまで時間がある場合は提携病院などでバイトをする事も認められているようです。ただし時間の制限があるとか?しかし時間がもったいないしバイトをすれば研修にもなります、自分のため。なので医師はバイトをする事が多いようです。

産婦人科など、夜の緊急時はバイトで絶対必要!

私にも経験があります。緊急入院になり、真夜中に産婦人科に1日早く到着してしまったとき、対応して下さったのがバイトの医師でした。夜間だと病院の常勤医師はあまりいないものです。しかし出産はいつ訪れるのか分かりません。そんな時には妊婦にはとても心強い存在になります。ただ・・・「担当医じゃないからちょっと不安」これくらいの気持ちの葛藤があるかもしれませんが(笑)それでも医師ですのでしっかり頼ることはできますものね。

バイトも研修のひとつとなる?

若い研修医の医師たちは特に、バイトをする事が研修の一環となるようです。なので必ずスケジュールの中にはバイトが入っているとか?ただし、あくまでそれはバイトであり本業は自分の在籍する病院ですので、本業がおろそかにならないように、研修用のバイト、そして自発的なバイトは制限もあるそうなのです。確かにお金稼ぎで頭がいっぱいになってしまうと、非常に困ったことになりますので。ドラマなどではお医者さんのイメージって、お金持ちでセレブなのですが、実際は案外庶民派だったりして!

医師のバイトは法律などで特に禁止されているわけではなく、勤務先の病院の規定に触れない限り好きなようにアルバイトをすることができます。